カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネット小説 変説 ももたろう 28ページ目




一話からはこちらになります。
ネット小説 変説 ももたろうのもくじです。
ネット小説 変説 ももたろうもくじページ

前回ハイライト

・おばあさんの永田さんも真っ青な敬礼ポーズ
・モモスの意味深な発言



おばあさん「もう少しで村の北東部・・・しかしこのボールちゃんがおとなしい・・・
      なんか嫌な予感がしないでもないわ・・・北東部へ行ったら必殺の
      あのシュートをぶち込んでやるッ!!!!!!!!!!!!!!ボール
!!!」


するとおとなしくリフティングされていたボールが・・・

おや?ボールの様子がおかしい・・・













ちがぁぁぁう、ぁぁともらちぃぃととあぉぉぉ





ぼーる2

おばあさん「嫌な予感的中!!!!!!!!!」

おばあさん「おまえ切れてるけどおじいさんやられた私も切れてるからな!って怖っ・・・
      完全に切れてるのかーおまえはー何で切れてるんだーボールよー」

   村長「おい、人型2号機!ボールがちょっとおかしい感じだからをつけろ!」
  
  副村長「これ完全に想定外じゃないっすか・・・村長・・・」

   村長「おかしい・・・・何故unknownコーティングがバレたんだ・・・」

  副村長「村長これボールunknown完全に切れてますわ。顔真っ赤かunknown
  だまされて顔真っ赤かーおもしれーなー♪」

村長は冬のライオン作戦失敗と隣でその失敗を笑っている副村長を見て完全にキレてしまい
思いっきりグーで副村長の頭を叩いた。

  副村長「切れてるの?村長?切れて・・・」

村長「グーでどーん。」と元気よく大声で叫び副村長を黙らせた。

村総合対策本部3階でそんなバイオレンスな事をやっている間に
ボールの怒りは頂点に達し人型2号機に襲いかかろうとしていた・・・


モモス「ボールくん、君の気持ちはよくわかる。」
病院の屋上でソフトクリームをぺろぺろしながらつぶやいた。


つづく


スポンサーサイト

ネット小説 変説 ももたろう 27ページ目

前回ハイライト

おばあさんの勝負スーツ
・そろそろ大勝負の予感




ボール

トォォモォォラァァチィィカァァァ?


対峙しているボール型unknownが共振を弱めていく・・・

村長はニヤリと口をゆがめた。

続きを読む

ネット小説 変説 ももたろう 26ページ目

前回ハイライト

・黒猫の名前は猫田と判明
・猫田も昔の大戦に活躍していた一人と発覚




自宅地下で新たに整備された人型2号機を眺めながら叫んだ。

おばあさん「時は来た!それだけだっ!」

どこからともなく橋本コールが鳴り響くはっしもとっ!はっしもとっ!はっしもとっ!

「気合十分ですね。2号機の改修完了しましたよ。あと遠距離用のライフルも
ちゃんと装備済みです。」そう言って若い整備員は口のタバコに火をつけた。

おばあさんはニンジンをいつもより多めにかじりながらうむとうなずいた後、
その場で新しく新調したらしいパイロットスーツに着替えた。

おばあさん「どうよ?これ!」

にゅーおばあさん。タイガーバージョンvol.1

整備員a「ばあさんのパイロットスーツまじかっけーんだけど!!」

整備員b「おばあさんマジタイガーなんだけどwwwやべーな。」

整備員c「ばあさん、勝負服か?」

おばあさん「そや!、これ着てあのボール倒してくるわ!」

そう言うとはしごを落ちないようゆっくり登りコックピッドの
中のコンソールをチェックし、司令室に通信を送った。


おばあさん「村長、いけるけどこっちは?。ボールやっつけるから、倒すから!。」

村長「ようやく来たか、ババア。ほんなら作戦を開始する。全員持ち場につけ!」
村総合対策本部三階司令室にけたたましい警報が鳴り響きオペレーター達に緊張が走る。


「2号機でる。」勢い良く2号機は縦型のカタパルトデッキから射出され
地上に現れた2号機の数メートル先にはボール型が浮遊し叫んでいる。

チィィィィトトトモモダァァァァアx

ボール型unknownと人型陸戦兵器の第2ラウンドが始まろうとしていた・・・。つづく


エンディング的な感じでスクロールしてみてください。僕はAchilles Last Stand聴いてます。ボンゾのドラムって本当にいいですね。









以上の提供でお送りしてはおりません。ご視聴ありがとうございました。ニャー

人気ブログランキングへ

ネット小説 変説 ももたろう 25ページ目

人気ブログランキングへ






前回ハイライト

・村民
・久々にネコ登場






ねこたった


猫田はくしゃくしゃのタバコを吸いながら村長のデスクに飛び乗って
不遜な目で村長をにらんでいる。

村長「珍しいお客だな。大戦の英雄が今頃ご帰還か?猫田よ。
   村の復興にも手を貸さずに何処に行っていた?」

副村長「おまえ猫田!今更帰ってきてどういう了見だ。」
   
猫田「腰ぎんちゃくうるせーぞ。」と叫ぶとニャーと軽く副村長を威嚇した。
   

副村長は「ヒッ!」と声を上げ後ずさりしデスクの角に
腰をぶつけたが痛いそぶりを見せると猫田に
負けたような気がしたので我慢した。


猫田「おまえは黙ってろ!引っかくぞ!」


村長「落ち着け猫田、なぜ戻ってきたかはどうでもいい。
   とりあえず今お前に一仕事してもらいたい事がある。
   これでどうだ?」と村長は人差し指を猫田の目の前に
   差し出す。


猫田「一本か・・・最低2000万は貰う。
   どうせ無茶苦茶な仕事なんだろうが?」
   毛づくろいしながら答える。

副村長「相変わらず金にはシビアですねこの猫・・・。」


猫田「うるせーぞ!この腰ぎんちゃくが!」

   副村長は村長の後ろに隠れて猫田の様子をちらちら覗いている。

村長「わかった。2000で手を打とう。これは多分おまえにしか
   出来ん仕事だ。ただ、腕が鈍ってなければの話だがな。」
   口に笑みを含ませた。

猫田「舐められたもんだな俺も。」



ねこたった
猫田はさっそく村長に冬のライオン作戦の概要を聞き
準備に取り掛かるため村北東部に向かった。

ボール型unknownの脅威はもう村中央部にまで迫っている。

つづく







ご視聴ありがとうございました。

ネット小説 変説 ももたろう 24ページ目

前回ハイライト

・おばあさん昔は苦労していた。
・バシュ・・・





ボール型unknownが現れて一週間,
村民のストレスは限界に近づいていた。

村中央にある総合対策本部の外には
unknownに恐怖した村民達の人だかり

入り口周辺封鎖に必死な警備員達。
ジジイはどうしたと叫ぶ者、人型をさっさと出せ!、
おばあさんはなぜ出撃しないの?!!!
村長は何をやっているんだ!!!

目の前に迫る恐怖が村民を凶暴にさせていた。



副村長「もう村民達の不満、ストレスは限界です。」

村長「そうか、本当に勝手なものだな人間は。」

そんちょう

村長は地上で不満を漏らす村民達を
3階の司令室の窓から見下ろして言った。

村長「おい例の準備は出来たか?」

副村長「はい、2号機の特殊装甲、遠距離狙撃用の
    スナイパーライフル装備、
    北部海上への巨大ゴール建設は済みましたが・・・
    肝心の2号機パイロットがまだ姿を現しません・・・。」

村長「・・・。」

司令室のドアがゆっくりと開き
小さな猫が入ってきた。

cattt


猫田「ひさしぶりだな村長。」 つづく


2012猫カレンダー のら

新品価格
¥1,050から
(2011/10/24 10:50時点)



自由な猫たちのカレンダー「のら」



ご視聴ありがとうございました。ニャー

人気ブログランキングへ

プロフィール

フロッグ1号

Author:フロッグ1号
訪問ありがとうございます♪(´ε` )
ジャンル不能状態のブログの明日はどっちだ。ブルッブン、ブルッブンッ・・・ブロロロロロ=3


最近は開けてはシール、開けてはシールみたいな事やってます。&超のんびりメガテン4プレイ日記。

フリーエリア
リンク
ツイッター
書籍サイト
PR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。