スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手巻きタバコ初チャレンジとメンソール事件への伏線

手巻きタバコにハマっております。



前々回のメガテン記事でハマっている事があると書いたのは手巻きタバコの事でした。
ただ、手巻きタバコだからと言ってフランス映画だのクエンティン・タランティーノの映画だのに
影響された訳ではありません。すごく現実的な理由であり、ただの節約です。

僕は今までマルボロメンソールライトを
一日2箱買って吸っておりました。それはもスパスパ吸っておったのです。

大まかに計算しますと、

1日:440x2=880円。


これが一ヶ月続く訳です。

大雑把に計算すると、2万5000円以上かかります。どう考えても勿体ない。

ものぐさな僕でもタバコのコスト高を意識してしまったのです。
しっかし、サクサクとタバコ値上げしやがってあのクソバ・・・自然の流れでしょう。

自然の流れは仕方がないけどあのクソバ・・・という事でタバコのコスパについて
ネットでいろいろ調査しておりました。

振り向きaa



その結果、タバコ未開の地、手巻きタバコへと船を漕ぎだす事となったのです。
漕ぎだすというか禁煙すりゃいいじゃない!とお考えの方もおられるかもしれません。


実際、ニコレットや ハビトロールを使って禁煙を試しました。
試しましたが、どうも上手くいかないのです。特に ハビトロールは、アマゾンの業者に
ミント味を頼んだのに、届いたのはフルーツ味だったという事もあり、もう禁煙は散々なのです。
(嫌煙家の方申し訳ありません。)輸入系は気をつけましょう。



という事で手巻きタバコ関連でまず最初に注文したのは、柘製作所(tsuge) ジグザグ バリューパック 1 [ジグザグ/レッドシングル・ブルーシングル・ローラー・スリムフィルター] #78801





ジグザグのローリングマシーンです。隣にあるちびっこいタバコは手巻きタバコです。
節約気味に巻くと小さくなる訳です。この画像にはジグザグのペーパーはありません。
なぜならもう使い切ってしまった為です。ゴミ箱を探索すればみつかるかもしれません。

ジグザグローリングマシーンと手巻きタバコの画像



ジグザグのバリューパックを購入し、
その後、メンソールの手巻きタバコを物色です。それで見つけたのがドラムメンソールでした。
手巻きタバコ関連のサイトをチェックしてEUで売れてるとの事で、取り敢えず2パッケ購入です。


到着し、実際に吸ってみたのですが、どうもコレジャナイ感が拭いきれませんでした。
一般で販売されている紙巻きタバコと比べメンソール感は薄いのです。


スッとしない。メンソール特有のスースー感がなかったのです。


ただ、ブルーの巻紙でタバコを巻いてタバコを吸うと、
燃えるスピードが極限まで遅くなる事実。この事実に驚愕しました。かなり驚きました。
そして個人的に非常に大きな収穫でした。市販の紙巻たばこの延焼スピードの速さに気がついた瞬間です。


普通のマルボロメンソールライトような紙巻たばこの場合、
一度火をつけて放っておくと、そのまま燃えきって、タバコの形のまま灰になりますが、
手巻きの紙だとスローなのです。もしくは途中で火が消えます。

要するにタバコのコストをカット出来る紙なのです。
まさに神のような紙であり、この神の紙のおかげで、手巻きタバコの
コスパが高いのだと実感しました。ちなみに用語ではスローバーニングというらしいです。


ただ、この時点では、まだ手巻きタバコメンソール感強化問題がまだ解決しておりません。


どうしたもんかと途方に暮れて、
ネットで情報を集めると、メンソールフィルターなる商品がある事を発見し、
今度はこの柘製作所(tsuge) ジグザグ スリムメンソールフィルター [約150個入り] #78863
を様子見で1つゲットです。


届くのが早かった為、
早速普通のフィルターを外し、メンソールフィルターでタバコを
巻き巻きしてみて、吸ってみたら、以前よりはメンソール感が出て来ました。


ジグザグのメンソールスリムフィルターは
もう既に何個も購入しておりますが、一応証拠の画像という事で。
一番左の袋にはストックしてある手巻きタバコが入っております。
zig-zag slim filtersの画像



しかし、メンソールのジャグとフィルターでメンソール感が強くはなったけど、
それでもマルボロメンソールライトのあのメンソール感には及びませんでした。


ここで行き詰まりを感じました。
やっぱりマルボロメンソールライトに戻るほうが良いのではないかと、
手巻きタバコの旅を諦めようと思ったのですが、今更戻っても余計コストがかかると思い、
もう少し手巻きタバコの世界を堪能する事に決めたのです。

まずは最初に目をつけたジャグであるドラムメンソールの見なおしです。
違うシャグならと思い、果敢にハーベストミントとハーベストバニラを購入。


早速ハーベストミントを吸ってみると、
ドラムメンソールよりはちょい強メンソール、いやミント感がありました。

しかし、これでも僕にはメンソール感が足りないと少し落胆した所で、
もう一つのシャグであるハーベストバニラを吸ったのですが・・・・


口当たりに甘さのないひたすらバニラ臭のするタバコ。

僕のイメージしていた日本の紙巻たばこ屈指の名品、
ピースとは程遠い味と煙で、落胆してしまいました。


ハーベストミントは合格点、ハーベストバニラは45点。

つまりまた、シャグ選び失敗です。失敗したイライラで減っていく
ハーベストミントのシャグ、そしてあまり吸いたくないバニラ・・・。

そして遂にハーベストミントのシャグが無くなり、
仕方なく吸うハーベストバニラの味は、何とも言えない満足できない感満載でした。


ここでもう手巻きタバコなんて辞めてしまおうかと
わりとガチで思いました。

手巻きタバコの個人的なベスト、
つまり好きな銘柄に辿り着くまでの時間がかかりすぎた為です。

しかし、まだ本当に美味しいシャグはあるだろうと、諦めませんでした。
しかし、今度でラストにしようと思っったのです。


最後のトライとして、アメリカンスピリットとコルツクリアメンソール、
そして懲りずに美味しいバニラ味のシャグとしてチョイスバニラ、
そしてメンソールクリスタルという商品を注文致しました。


青巻紙とメンソの結晶とチョイスバニラの画像
一番左の青いのがスローバーニングの紙の巻紙ですわ。ゴミ箱の中に入ってたのでついでに。


この最後に頼んだメンソールクリスタルが
後の糖尿メンソール事件に発展するとは、この時には思いもしませんでした。
糖尿メンソール事件はまた後日。

手巻きタバコのパッケージ画像


※好きな銘柄をディスられたとお思いになった方もおられるかもしれません。
本当にタバコが嫌いなら銘柄すら挙げないであろう事をご了承ください。

お怒りになっておられる方は何卒、
その怒りをスローバーニングの巻紙で包み込むように読んでいただけたら幸いでございます。


手巻きタバコのコストパフォーマンスをすぐに実感したいなら、
ジグザグ バリューパック 1を1つ買って、手持ちの紙巻タバコをばらし、青い紙、
(この記事で書いたスローバーニングの巻紙)で巻いてみてください。青い方の紙ね。

スローバーニングの巻紙でタバコを吸ってみると、よーくコスパの高さがわかるでしょう。

紙巻きタバコとスローバーニングの巻紙の延焼スピードを比べて驚いてみるといいさ。

振り向きaa

いかに紙巻きタバコの延焼スピードが爆速かがハッキリするでしょう。
正直紙巻タバコには延焼促進剤でも入っているのかと思うほどです。
これは誇張ではなくガチですから。巻紙1つで延焼スピードがガラッと変わります。

不器用な私でも上手に巻けるの?という方は安心してください。
ローラーのくぼみにフィルターとシャグを入れて、ローラーを少し回し、
巻紙をセットして紙の糊口を濡らしてローリングさせれば、簡単に出来上がります。

手巻きタバコのコスパを手っ取り早く知りたいならコレ!と言わざるを得ない。



記事投稿中に地震発生につき、

8月4日12時29分頃、最大震度5強の地震がありました。

tenki jp 地震のページへのリンク貼っときます。今後の地震情報に対して出来る限り冷静に気を配り、余震などにお気を付けください。

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

フロッグ1号

Author:フロッグ1号
訪問ありがとうございます♪(´ε` )
ジャンル不能状態のブログの明日はどっちだ。ブルッブン、ブルッブンッ・・・ブロロロロロ=3


最近は開けてはシール、開けてはシールみたいな事やってます。&超のんびりメガテン4プレイ日記。

フリーエリア
リンク
ツイッター
書籍サイト
PR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。